ガチャガチャの今と昔

ガチャガチャは正式にはガシャポンと呼ばれるカプセルトイで、バンダイが製造販売をしている小型自動販売機の一種です。
地域によってさまざまな呼ばれ方をしており、ガチャガチャもその呼ばれ方の一つとなっています。
硬貨を入れてレバーを回す事で、中に入っている小さなカプセル入りの商品を取りだす事ができ、その商品にはさまざまなものがあるため幅広い年齢層に人気があります。
場所をそれほど取らないので玩具の専門店だけでなく、スーパーやレストランなど多くの場所に設置されています。
現在では商品の種類も豊富となり、子供から大人まで楽しめる物となっています。

ガチャガチャは1970年代ごろから日本全国に広まったもので、その歴史は非常に深いものと言えるでしょう。
その中でカプセルの中に入っている商品の種類も変わってきましたし、ガチャガチャをする時の値段も変わってきました。
特にキン消しなどは今でもコレクションしている人がいるなど非常に人気が高く、それ以外にも男女問わず人気のある商品がさまざまな賞品が販売されています。
今と昔ではガチャガチャにどのような違いがあるのか、それを知る事はガチャガチャの歴史を知るという事にもなります。
今でも人気のあるガチャガチャの歴史を知れば、ガチャガチャを楽しみやすくなります。

当サイトではガチャガチャの今と昔を比べて、その違いをいくつか紹介していきます。
ガチャガチャの今と昔を比べて、賞品にどのような違いがあるのか、値段の移り変わりはどうなっているのかなどガチャガチャの事を知り、その違いを楽しんでみてはどうでしょうか。



◆関連サイト
ガチャガチャの中身からマシン、空カプセルまで取り扱っているガチャガチャ専門店です =≫ ガチャガチャ マシン